事業概要

環境エネルギー事業についてEnvironment Energy

私たちの生活を支える電気は、様々な方法で作り出されています。

近年増え続けているメガソーラー発電所もその一つです。

電気を安定して皆様にお届けするためには、その設備の保守・点検が 必ず必要です。

2018年にはFIT法が改正され保守・点検は義務化されましたが、その方法は ガイドラインでは示されていますが、具体的項目はまだ試行錯誤の状況です。

私たちは一早くこれに着手し、今では20MW(2017年から)以上の実績があります。

竣工検査、保守点検、パネル洗浄、メンテナンス、設備増設など実績を交えてご案内します。

新規開発事業についてDevelopment

「ないのだから作ろう」という現場の声をきっかけに、始まりました。

私たちは2007年から続く電気通信建設のノウハウを元に「ものづくり」を始めました。

今では6件目の特許査定を頂き、現場で使う製品からソフトウェア、デバイス開発を行っています。

私たちの製品開発は、単に"もの"を作るのではなく、"こと"を作る事だと考えています。

人と人、人とものを繋げるのが弊社の開発事業です。

無人航空機事業についてDrone

無人航空機(UAV)の進化が進む一方で、オペレーターの責任が問われます。

弊社ではDJIスペシャリストや無人航空従事者資格などの認定資格を積極的に取得しています。

また、複数名のオペレーターが国土交通省の許可・承認を得ており日本全国で昼夜問わず飛行が可能です。

他の各事業でも、点検作業や空撮作業で日常的に使用していますので安心してご利用頂けます。

また無人航空機(UAV)だけでなく、無人水上艦(USV)による深浅測量などの実績も数多御座います。

電気通信建設事業についてTelecommunication

私たちのメイン事業でもある電気通信建設事業は2007年の会社設立当時から続いています。

その事業内容は今では非常に幅広く、移動体通信建設(携帯電話基地局建設)から一般電気やネットワーク設備、監視カメラ、LED照明、ソーラー建設など多岐に渡ります。

その中でも、携帯電話基地局は現代ではなくてはならない存在となりました。

そして電気通信建設事業は常に危険と隣り合わせになります。

設備事故は、通信インフラに大変な影響を与える事になります。

また、人身事故では最悪の場合人命にかかわる事もあります。

そこで私たちは、「安全第一」と言う考えのもと技術や品質の向上に努め2007年より日々研鑽を重ねております。