電子デバイスを含む、ハードウェア・ソフトウェアの開発を手掛ける、ものづくりのテクサジャパン

環境システム事業

環境システム事業 太陽光発電

太陽光発電システム

太陽光発電システムとは、太陽光を直流電気に変換するためのパネルを設置し、また、それをパワーコンディショナーという装置で交流100Vに変換され、その電力で家庭内の消費電力をまかなうものです。高騰する電気料金の節約だけではなく、限りある資源を大切に使うという観点からも、太陽光システムは必要なシステムだと考えます。

環境システム事業 太陽光パネル 環境システム事業 パネル設置

事業概要

「発電電力が余ったら売り、不足したら買う」というのが基本です。
日射量の多い晴天日には、太陽光発電システムの発電量は、住宅内での消費量を上回ります。
余った電力は自動的に電力会社に売却します。逆に、日射量の少ない朝夕や曇天日、日射量がゼロに近い雨天や夜間には、太陽光発電システムでの発電量では住宅内の消費量をまかなえないため、不足分を電力会社から供給してもらいます。これらの運転は全て自動で行われます。
停電時なども日射さえあれば非常用電源としてお使いいただけます。
今後は昼間の余剰電気をバッテリーで蓄電し、夜間にその蓄電した電気を使うことによりさらにエコにさらに電気代を安くできるシステムが追加できるようになります。
そのための技術講習会などにも弊社は積極的に参加し、技術の研鑽を行っています。

LED照明工事

LED照明とはLED(light emitting diode)と言って、半導体素子であるダイオードの一種です。
順方向に電圧を加えた際に発光します。(LED照明推進協議会
弊社では主に法人向け事務所の直管(40W、110W)を扱っており、電気工事士を持った有資格者による器具の配線替えも行っております。安定器をバイパスすることで、熱損失により無駄にしている電気も有効利用できます。
単純計算では電気代が約半分になります。(弊社の事務所も交換済です。)
例えば、ある有名メーカーの試算を見ると年間点灯時間3,000時間では1器具(40W型2灯)の場合△3,225円/年(約51%節約)となっています。(ランニングコスト込)
よって、器具が50台あれば△161,250円/年、500台あれば△1,612,500円/年もの電気代節約となります。機種やメーカーにもよりますが、弊社提案のLEDですと工事費を含めても約2~3年で設備投資分は回収できる見込みです。(もちろん不良品の場合の保証付きです。)ぜひ一度、ご検討ください。
見積もり依頼はこちら

環境システム事業 LED照明工事 環境システム事業 LED照明工事

EV充電器設置工事

EV車は有名どころでは「日産リーフ」「HONDAフィット」などがあります。
これらは電気自動車なので、電気を大型バッテリーに充電して走ります。
街に出たときにガソリンスタンドのように充電するところがなければ困りますので、パーキングエリアや宿泊施設などへの設置が進んでいます。
この充電器は車メーカーを始め、いろんな機器メーカーが販売しておりそのタイプもいろいろあります。設置をご検討の方は補助金制度(次世代自動車振興センター)もありますので一度、ご確認ください。

環境システム事業 EV充電器設置工事 環境システム事業 EV充電器設置工事

現在の太陽光発電量

環境システム事業 現在の太陽光発電量