【無人航空機】無人航空機管制UTM(UAV Traffic Management)


みなさんこんにちは。

テクサジャパンです。

 

日米で、ドローン事業化の普及を想定しUTMの研究が進んでいるそうです。

 

米国ではNASAが研究を進めている中、AirMAPという企業がすでに事業化しています。

日本でもJAXAなどが研究する中、楽天がAirMAPと連携し、Rakuten AirMAPなるものを初めています。

Rakuten AirMAP

AirMAP

 

すでにAirMAPのアプリが、Apple Storeにて配信されていたのでダウンロードしてみました。

現状だと、近隣空港や人口密集地をデータベース化しただけのアプリとなっています。

今後は、各ミッションや飛行場所・時間などが自動でデータベースに上がるようなシステムとなると思われます。

↑開発者向けページ

 

ドローン同士はデータベースを介して、自動でトラフィック回避を行ったり、飛行禁止区域などでの許可・承認を自動化出来るようになると考えれれます。

また、オペレーター同士の通信にも役立つでしょう。

 

AirMAPではドローンメーカー向け、ソフトウェア開発者向けの各ページが用意されており今後の発展が期待されます。

「地図を制する者は世界を制する」と言いますが、空の奪い合いが始まると考えられます。